« April 2006 | Main | June 2006 »

May 31, 2006

雨の曲

いよいよ明日から6月、梅雨の季節も間近となった。
iTunesに「6月・雨」のプレイリストを作ることにした。

「雨」のキーワードで検索すると70曲以上がヒットする。
ここから20曲ばかり選択した。
そのなかのいくつか・・・

「雨上がりの夜空に」RCサクセッション
「はじまりはいつも雨」aska
「冷たい雨」ユーミン
「雨」森高千里
「たどり着いたらいつも雨降り」拓郎
「雨だれ」太田裕美
「激しい雨が降る」川村かおり
「雨が空から降れば」小室等

これを聞いてウォーキングすれば、すこしは鬱陶しい季節を乗り越えられるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2006

Edy

来月、会社の食堂、売店が、これまでの専用カードによる支払いシステムから
「Edy」に変更となるらしい。

そこで、前から気になっていた「おさいふ携帯」の設定をしてみた。

やってみると簡単である。
Edyの登録は携帯のメニューからすぐにできた。
入金はクレジットカードの番号で可能となる(と言っても実際に使用できるのはシステム側の登録上一日程度はかかる)

世の中どんどん便利になるものだ、と思っていたら、これにとんでもない欠陥(というかシステム上の穴)があることを聞いた。
これには驚いた。
残念ながらここには書けない。

なおEdyを普通に使う上では全く問題はありません。念のため。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2006

ゴルフスクール

ゴルフスクールが明日からしばらくお休みとのことなので、久しぶりに行った。
休みの理由は、天井のアスベスト工事と、先生がシニアの予選に出場するためである。
是非とも予選を通過することを祈りたい。

しかし、先生曰く「ゴルフは目から入る情報が重要。先週ヘタクソと回ったので調子が非常に悪い」

これについては、訳があり、コメントは書けない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2006

ローマ人

今日から塩野七生著「ローマ人の生活」を読み始めた。

古代ローマの話が何故人気があるのか?数ページ読んで納得。
文体も平易で、その当時の人が人として暮らしていたという実感がある。
また、しばしば雑学好き、プチ情報みたいな話が書いてあるのがおもしろい。
たとえば1月から12月の呼び方について。
ギリシャ文字、英語、日本語が併記してある。
日本語は睦月、如月、・・・
英語では9月以降、2ヶ月づつ、づれた意味となっていることは知らなかった。
確かに9月のSeptemberは7、10月のOctoberは8、11月のNovemberは9、12月のDecembeは10を意味していることはなんとなくわかる。
何故今まで気が付かなかったのだろう。

というように井沢元彦の著作と同様に「歴史って本当はおもしろいんだ」と思わせてくれるのである

あじさいはまだ買っていないが、ひまわり、朝顔の芽が出るのは当分先なので、とりあえず「きゅうり」と「トマト」の苗を買ってきた。

このところ寂しかったベランダが少しにぎやかになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2006

種まき

やはり昨日飲みすぎたので、どこにも出たくない。
まあ天気も悪いのちょうどいい・・・でも本当はそろそろ「あじさい」を買ってきたかったのに残念である。

そのかわりに「ひまわり」と「朝顔」の種を蒔いた。

昨年の「余り」だけど、ちゃんと芽が出るだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

金曜のコース

今日も韓国料理「農楽」。
本当は新規開拓したいが、今日のメンバーは前回それで失敗したので、無難な選択とした。
散々飲んで食べたつもりが一人4千円いかないのは、やはり安い。

そのあとの立ち飲みやも気に入ったようである。
そして最後はウチで。
金曜のこのコースは翌日に影響してしまうくらい飲みすぎることに難がある。

そうそう、一人がこのブログをよく読んでいるらしく、私の話題に対してすぐ「知ってるよ、それ」と言う。

思わぬところでブログの弊害を発見したのであった。 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 21, 2006

神楽坂月例会

本日はゴルフスクールの月例コンペである。
私は、事情により今回が初めての参加となった。
場所は茨城の「潮来カントリー倶楽部」
ブルーティから打つので結構距離がある。
特にショートの多くは200ヤード近くなるため、3iがない私はウッドを持たなくてはいけない。
結局一度もワンオンできず、ドラコンもフェアウェイキープできなかった。

まあ、シャンクがでなかったし、楽しくラウンドできたので、良しとするか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 19, 2006

ちょっと飲みすぎ

別件で「神楽坂 ちょうちん」を予約していたが都合によりメンバーを代えて飲み会とした。
ここで銀盤4合ビンを2本、
その後、蕎麦屋で焼酎1本
ウチで「清酒 神楽坂」を1本空けた。

3名で飲んだが、最後は1名が完全にダウンした。
ダウンの状況はとても書けないのであるが。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 14, 2006

ピロリ4

どうやらピロリ菌はいなくなったようだ。
これまで5日も続けて飲むと必ず胃痛に苦しんだのだが、それがなくなった。
しかし逆に健康には良くないのかもしれない。
今日で2週間くらい連続で飲んでいるからである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

プルコギ

神楽坂の「農楽」へ元カラテの師匠と久しぶりに飲みに行った。 ここはとても量が多い。 最後に頼んだ「プルコギ」はお店の人が「食べられますか?」と心配したくらいの量である。 しかしさすが師匠!ペロっと食べてまった。 もちろん私も相当な食欲であった。 まあ美味いからね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2006

季節はずれの「ふぐ」

久しぶりの好スコアがでた。
日々の家での素振りが良かったのか、数年に一度のラッキーか。
まあ以前より賭けていた「ふぐちり」はGETできた。
季節はすっかり変わってしまったが。

以外と早く帰宅の途に着いたので、帰省ラッシュにもあわず、16時前には神楽坂についた。
これがいけなかった。
気分が良かったこともあり、そのまま23時くらいまで飲んでしまった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 05, 2006

夢の島

Dsc01746 ウォーキングに夢の島に行ってきた。

ゴミ処理場というイメージがあったけど、歩くにはには、なかなかいい。
まず「熱帯植物館」に。入場料大人250円。
そんなに敷地は広くないが、スペースを効率的に使っている。
まさに日本庭園的だと妙なことに感心した。

Dsc01749 植物館を出て歩いていると「第五福竜丸展示館」があった。
静岡が被爆三県の一つであったこともあり、大学時代よく聞いた名前でる。
まさか本物がこんなところにあったとは!
入館して年譜を見てみると、どうやら最初はここ夢の島に廃棄されていたらしい。
ここに展示されるまで、船も関係者にも色々なコトがあったようだ。

夢の島に行ったら、是非両方とも見てきて欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2006

多摩川ウォーク

Dsc01722 以前このブログ(2/3)にも書いた、ドラマ「すいか」や「神はサイコロを振らない」の舞台である多摩川、二ヶ領用水に行ってきた。
降車駅は小田急小田原線登戸。
さすがGW、バーベキュー客がすごい。
いい匂いのなか、3時間ほど多摩川沿いを歩いた。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »