« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

人のいない皇居

DSC01210 前日の頭痛もすっかり消えたので、途中に九段下の「昭和館」へ寄りつつ、久しぶりに皇居にウォーキングに行きました(画像は天守閣跡から銀座方面)。「昭和館」は戦中、戦後の日本人の生活に関する資料館で、今日は特別展示室にしか足を運べませんでしたが、いつかじっくりと見学したいと思っています。おそらく数年前に行った「広島平和記念資料館」ほどではないでしょうが、かなりの覚悟が必要と思っています。
さて皇居へは昼過ぎについたのですが、ほとんど人がいません。そんなに暑くなく意外と風がそよいでいたので気持ち良かったのですが、都民はみんな夏休みでどこかに出かけてしまっているのでしょうか。
●一人暮らしにあきない法37「大きな公園の近くに住む」
皇居も「大きな公園」としてはいいですのですが、「運動禁止」(走れない!)ですし入場時間帯が限られている(今なら16:30まで)のがちょっと残念です。皇居の周り(約6キロ)を排気ガスを吸いながら走るよりも、ウォーキングコースとしては北の丸公園や千鳥ヶ淵の方がお勧めです。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

熱射病

 土曜日、ゴルフ(佐野ゴルフクラブ)へ行って来ましたが、ここで初めて熱射病(熱中症?)の怖さを知りました。
 思っていた以上の暑さに加え、何日間も連夜で深酒をしていたこと、前夜よく眠れなかったこと、などが重なったためだと思いますが、暑いのには比較的強いと思っていただけに多少ショックです(昔は炎天下走っても平気だったのに!)。いつもよりまめに水分を摂っていたのは良かったのですが、昼にビールを二杯も飲んだのは軽率でした。
 帰宅しても寝るまで頭痛が治まらなかったこともあり、少し反省してしばらくはお酒を節制しようと思っています。

 しかし頭痛に襲われてからの後半のスコアの方が前半よりずっと良かったのは不思議。

| | Comments (955) | TrackBack (0)

July 27, 2005

山田正紀

またもや夜中に目が醒めたので山田正紀の短編集「見えない風景」を読みました。
なかなか秀作ぞろいです。

一見正しいような状況が二転、三転して、最後にどんでん返し、というパターン展開は見事です。まあ多少は「ありえない!」と叫びそうになる、ご都合主義的な「偶然」が含まれてはいます。

しかし、現実の世界も、ちょっとした偶然の連続で成り立っているのかもしれません。ちょっとしたタイミングのズレが悲劇になったり、奇跡的な幸運にもなる場合もあります。また、さも正しいようにみえる事象も、よく見てみると全く違ったものであったなんてことは、日常茶飯事ですから気をつけなくてはいけません。

品質と生産性がトレードオフになっていることは事実ですが、品質を下げると生産性が上がるなんてことはないわけですから。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

COOL BIZ

ついに当社も「クールビズ」実施となりました。小泉首相の格好をみていて「ネク
タイ外しただけじゃない」と揶揄していましたが、実際に自分がやるとなると結局「ネクタイ外しただけ」になってしまいます。ただ第一ボタンを外すとアンダーシャツが見えてしまうのだけは避けなくてはと思い、Vネックシャツを購入。
しかしネクタイはずしただけで2度も室温上げられるのは大変です。本社では「蒸し風呂状態」の部署もあるとか。なんでも「お上」の言う通りにするのはどうでしょうかね。個人的にはこれでネクタイ不要論が高まり、服装の自由化が推進されるとうれしいのですが。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

July 24, 2005

スターウォーズ

DVDでスターウォーズ エピソードⅠ、Ⅱを続けて観ました。

元々SF好きなのですが、スターウォーズよりもスタートレック(ST)の大フアンであったため、どうしても一歩おいていていて、Ⅰはなんとなく映画館で観た覚えがありましたが、Ⅱにいたっては観たかどうかさえ忘れていました。

しかし今回これまでの作品をじっくり観たことで世の中が騒いでいるのがよくわかりました。エピソードⅢは「感動する」との噂ですし、是非映画館まで足を運びたいものです。

しかしそれでも私にとってのSTへの思い入れは、はるかにスターウォーズを超えるものです。確かにSTの劇場バージョンのできは最悪ですが、テレビシリーズは私の人格形成へ大きく影響したと言ってもいいかもしれません(ちょっと大げさか)

初めてSTと出会ったのは中学2年生の頃で、そのときの事はいずれかの機会にということですが、やはり映画は月に一度くらいはちゃんと映画館で観るべきだと再認識しました。

ということで、

●一人暮らしにあきない法36「月に一度は映画館で映画を観る」

知り合いに年間100本(これはテレビも含めて)を目標にしているという人がいます。昔映画少年だったことを思い出して、そこまでは無理としても年間10本くらいは楽しみたいものです。

| | Comments (52) | TrackBack (0)

July 21, 2005

アルツハイマー

先日ハイブロー武蔵氏の本を読んで「私も週に一冊は本を読まなくては!」と思い始めています。そして昨日の夜中に目が醒めてしまったので、こんな時にでもと、手近の本に手を伸ばしました。

タイトルは「君に読む物語(原題「The Notebook」)」Nicholas Sparks。

数日前に図書館から「予約の本が確保できました」とメールがきたので借りておいたのですが、予約申し込みから3ヶ月ほど経っていたこともあり、何故予約したかも忘れていました。おそらく日経の書評欄で興味をもったのでしょう。

作品の冒頭で(ネタバレになりますが)夫がアルツハイマー症になってしまった妻に話しかけています。妻はもう話しかけているのが自分の夫であることさえ理解できません。夫は80を超えています。しかし妻を愛する気持ちは50年前と同じです。そして二人の若い頃の話が回想として展開されていきます。

ストーリー自体そんなに目新しいものではありません。また突飛な話でもありません(実際このプロットは原作者の妻の祖父母の実話からきているということですから。でも映画ではもうすこしドラマチックなことが起こるらしい)

人生はいくつかの偶然が重なって組み立てられているということを再認識しました。やはり大切なのはタイミングです(そんなことを認識するのが作者の意図ではないでしょうが)

この妻と夫の関係とは逆に、夫がアルツハイマーとなっていく夫婦愛の小説が荻原 浩の「昨日の記憶」です。この本ではアルツハイマー症が進んでいく恐怖が、本人の立場でリアルにかかれていて、面白いというよりも怖くなりました。こちらの主人公はまだ働き盛りの50歳ということもあって、他人事とは思えませんでした。

最近、人の名前がすぐに思い出せなくなることがあると、「私もいよいよか」と心配になることがあります。しかし、よくよく考えると、昔からそんなに記憶力がいい方ではなかったので「まあ、昔から変っていないか」と気にしないようにしています。

せめて記憶力が減退しないようにという意味も含めて、

●一人暮らしにあきない法35「週一冊は本を読む」

一日1時間くらいは読書に時間を割けることができればと思います。

| | Comments (67) | TrackBack (0)

July 17, 2005

恒例一泊ゴルフ旅行

DSC01185  毎年この時期にはゴルフして会社の保養所に一泊していますが、今年は人数も集まりにぎやかになりました。

折角なので翌日は6時に起きて自然豊かな近辺をウォーキングしました。「ラフティング場」まで2キロとあったので坂道を登っていくと瀟洒な建物を発見(画像)。どうやらリゾート施設らしいのですが人影なし。この時期に誰もいないということはひょっとしたら町おこしに失敗したのかもしれません(それともスキーのシーズンは一杯になるのかも)

前週の運動不足は前日のゴルフと朝のウォーキングで少しは解消されましたが、前夜の大宴会での鯨飲で帳消しになったでしょうね。それにしても保養所の食事は以前に比べて良くなってきたと思いました。社員のみなさんどうでしょうか?

| | Comments (746) | TrackBack (0)

July 14, 2005

てっぱんや

 先週は試験勉強、今週は会社の「10日締め特別監視体制」とやらで泊まったりして、すっかりジムをさぼってしまいました。体を絞るのは時間がかかりますが、戻るのはあっと言う間です。週末は泊まりのゴルフなので仕方ないですが、来週は是非「体引き締め特別監視体制」をとりたいと思います。とりあえず月曜天気がよければ20キロくらい走ろうかな。  

 さて先日H氏が資格試験に受かったということでごちそうしてもらったので、本日は私が神楽坂の「てっぱんや」でお返しをしました。ここは4月オープンしたので前を通るたびに気になっていたのですが、なかなかいい店でした。特に「たこやき」「明石焼き」はこちら(関東)ではなかなか食べられないと思います。

| | Comments (22) | TrackBack (0)

ベランダ花壇7

DSC01126 球根は枯れてしまいましたが、ナスは見事にできました。これから収穫して食べようと思います(一個だけですが)

シシトウは結構な数実っていますが、残念ながら一体どんな食べ方をすればいいのかわかりません。観賞用で終わりそうです。

ひまわりは一鉢に4本も植えてしまったのであまり大きくなりそうにありません。しかしベランダでの栽培では却ってこのほうがいいのかもしれません(あまり大きくなると風で飛ばされる)

ベランダもかなりにぎやかになってきましたが、この「ビフォー&アフター」が他のサイトで紹介されています。EasyStyleの「お客様の声」での「東京のSさん」となっています。苦心の作である「脱出口カバー」を見てください。

| | Comments (47) | TrackBack (0)

July 10, 2005

音楽ライブラリ

itunes 図書館でCDを4枚借りてきてiTunesにインポートしました。今日時点で約4700曲のミュージックライブラリになっています。

このappleのiTunesは無料ソフトですが、おそらく現在リリースされているこの手のソフトでは最も完成度が高いものと思われます。PCを持っているのであれば是非ダウンロードしてください。

●一人暮らしにあきない法34「音楽ライブラリーを作る」

初めは買っていたCD約150枚をライブラリインポート(ライブラリーにMP3として登録)していましたが、現在は図書館で借りたCDで曲数を増やしています。

もちろん聴く時には"AirMacExpress"でオーディオに音を飛ばしていますが、音質は私のレベルでは申し分ないものです。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

July 05, 2005

痛飲

DSC01112 残念ながらさやえんどう、枝豆は結局食べられる位には育ちませんでした。でもミニトマトだけは毎日収穫があります。

しかし一番ショックだったのは、板橋区、豊島区と球根を分けたグラジオラスが枯れす寸前になってしまったことです。

バックアップ球根(画像手前)はなんとか大丈夫なのでそれだけが頼りです。

今日は部へ異動の方が来られたのでさっそく歓迎会をしました。その後たまたま同じ飲み屋にいた同僚と池袋のパントマイムに行き、試験が終わったこともあり、久しぶりにタクシー帰りになりました。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

July 04, 2005

ゴルフレッスン

                              大きいほうのDSC01118 あじさいはベランダに出して、上段をポーチュラカ、カランコエの小さな花にしてみました。

久しぶりにゴルフレッスンに行き、シャンク病を治してもらおうと思いましたが、「力みすぎ!」の一言でもうシャンクがでなくなりました????

練習場でのスィングの半分でもコースでできればいいのですが。

今日はゴルフ仲間の「タルさん(自称)」も初めて来ました。結構満足していたようなので続くかもしれません。

2時間近くいた「タルさん」は、珍しく生徒が沢山きていたこともあったのですが、スクールのファミリーな雰囲気に驚いていたようです。まあちょっと変なゴルフスクールであることは間違いありません。

| | Comments (35) | TrackBack (0)

久しぶり

DSC01109 やっと先週からずっと続いていた「禁酒、禁ブログ」から開放されました。

火曜の仕事関係の飲み会以外は、十数年前の「十二指腸潰炎での自重」以来の長期間に禁酒でした。

実は今週ずっとPMP試験勉強をしていました(画像は勉強風景)。本当に疲れました。

毎朝のジムに替えて朝1時間。しかし夜は何故か今週残業が多くなかなか捗らず、土日は図書館で。

しかし難しいですね。「PMBOK教科書」についてはかなりの部分を覚えたのですが、実際の試験ではあまり役に立たなかったようです。もちろん覚えていないと受からないでしょうが、覚えていたとしてもどうなるかわかりません。

今回は受かってうれしいというより、「落ちなくて良かった」という試験でしたので、本当にほっとしました。でもプロフィールに書いていた「有言実行」ではなく「不言実行」になってしまいました(前者は難しい。未熟者にはムリ)

禁酒で健康になったような気がしますが、しばらく運動をしていなかったので、明日は久しぶりに朝ジムで走りたいと思います。

| | Comments (52) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »